2016年03月19日

小学一年生の壁について

こんにちは。送迎つき幼児教室+プレジャーです。
今日は、いわゆる"小1の壁"について考えてみたいと思います。

+プレジャーでは、小学一年生の壁には二種類あると考えています。

一つ目は、保育園にくらべて学童保育の預かり時間が短い、そもそも学童保育に入れないという物理的な障壁です。
幸い、+プレジャーのある品川区は、各学校に学童保育施設が設置され、親御様の就労の有無にかかわらず100%入れます。預かり時間も、就労している場合、最大7時までです(2016年4月〜)。品川区在住であれば、国立/私立に通っていても通うことが出来ます。ちょっと話が逸れてしまいますが、国立/私立に通うお子様にとっては、地元のお友達、保育園/幼稚園時代のお友達と交友を深める良い機会となりますね。

二つ目は、保育園/幼稚園時代より、お子様がしなければならないこと(宿題や時間割揃えなど)が増えることです。また、保育園のように、親御様が先生とお話する機会は減りますので、お子様がきちんと連絡帳に書いてきたり、先生のお話をしっかり親御様に伝えることも必要になってきます。
そして、学校に入るとどうしても気になるのが成績です。初めていただいてきたテスト、やっぱり100点だと嬉しいですよね。他方、もし0点だとしたら…このまま仕事を続けていても良いのだろうか…と余計なことまで考えてしまいそうです。

+プレジャーでは、こと品川区においては、一つ目の壁より二つ目の壁の方が高いと考えます。
他方、二つ目の壁は、前もって準備することで、ぐっと低くなり、かつお子様の自立に向けて好循環を生み出すチャンスと考えております。

次回は、二つ目の壁を乗り越える準備についてご提案したいと思います。

posted by +プレジャー at 12:36| Comment(0) | 子どもへの想い

2016年03月18日

+プレジャーの送迎方法

こんにちは。送迎つき幼児教室“+プレジャー”です。

前回は、+プレジャーが“送迎”にこだわる理由ついて
ご案内しました。

今回は、+プレジャーの送迎方法についてご紹介したいと
思います。

+プレジャーでは、余程近接(500m位)していない限り、
日本交通(株)様のキッズタクシーを利用して移動します。
様々な移動手段を検討した結果、
同社のキッズタクシー以上に安全かつ丁寧なサービスはないと
考えました。

日本交通(株)様のキッズタクシーの特長
・同社ウェブページに、顔写真付きで掲載されている精鋭ドライバーが担当します。
・ドライバーは専門の研修(小児救命講習を含む)を受講済です。
・お子様を大人(保育士など)から直接引き取り大人(当教室スタッフ)
 に直接引き渡します。
その間、お子様だけを車内に残しません。
・送迎に先立ち、安全な停車位置などの綿密な下見を行います。
・地震等有事の際に備え、車の位置を随時確認するシステムが搭載されています。

いかがでしょうか。
お子様を安全にお預けいただけそうでしょうか。
親御様の厳しい目で吟味いただければと存じます。

当教室としても、現状に甘んじることなく、
より安全な方法はないか、
どこかに危険は潜んでいないか、
常に謙虚に検討し、
常に改善を図りたいと思います。

posted by +プレジャー at 16:13| Comment(0) | 教室ご紹介

2016年03月16日

+プレジャーが“送迎”にこだわる理由

こんにちは。+プレジャーです。

本日は、+プレジャーが“送迎”にこだわる理由ついて
ご案内したいと思います。

+プレジャーの代表は、夫婦共働き世帯で
2人の子どもの小学校受験を経験しました。

小学校受験をする場合、専門の“幼児教室”に通うことが
一般的です。
ところが、通いたい教室・講座は平日のみ、
共働き夫婦は、教室までの送迎手段がない(或いは著しく高額)という
極めて些末な事情
により、当該教室へ通うことを諦めました。

+プレジャーには、
“お忙しいお父様お母様を支援する”という理念があります。
+プレジャーの保護者の皆様には、私共と同じ思いはしてほしくないと
思い、送迎を請け負うこととしました。

以上が、+プレジャーが送迎にこだわる理由です。

勿論大切なお子様をお預かりするのですから、
安全を確保しなければなりません。

次回は、安全面にこだわった+プレジャーの送迎について
ご紹介したいと思います。
posted by +プレジャー at 17:13| Comment(0) | 教室ご紹介