2016年04月08日

手間をかける

おはようございます。+プレジャーです。
今週は入学式真っ盛りですね。
真新しいランドセルを背負って、キラキラの笑顔を見せる
新入生、その横で少し誇らしげに、そして少し寂しげに
寄り添うご両親様を拝見するとこちらまで明るい気分になります。
新入生の皆さん、ご両親様、誠におめでとうございます。

さて、今日は、子育てにおける「手間をかける」ことについて
お話したいと思います。

「お手間をおかけして申し訳ございません」
「二度手間となってしまったこと、お詫び申し上げます」
など、謝罪の場面に使われることの多い言葉ですが、
育児に関しては、そうでもないように思います。

あれ?+プレジャーは、小学校に入ったら、手をかけ過ぎないことを
提案していなかったっけ?と思われた方、
誠にありがとうございます。覚えていてくださって光栄です
(関連記事はこちらです)。

当教室では、「手を出す」と「手間をかける」は
別の意味と考えます。
とある学校で、「うちの学校はあれこれ口出ししません。
子供の自主性を引き出せるようじっくり「間」をかけて
見守ります。その方が手間がかかりますが、
その方が子供が成長するためです」と仰っていました。
その話を聞いて、当教室の考えていることを
見事に言葉にしてくださった、と感激致しました。

間をかけることが大切なのですよね。
私もずっとフルタイムで働いておりましたので、
それがどれ程大変なのかが良く分かります。

ですが、冷静に考えると、あれこれ先回りをして
口出ししなければ良いだけなのかもしれません。
学習に限らず、生活面も含めて。

お子様は無限大の能力をお持ちです。
適切な材料を与えたら、お子様が取り組まれるのを
待って、たまに解決のヒントをお出しになれば
きっとお子様ご自身の力で乗り越えられます。
お子様が考えていらっしゃる間、試行錯誤されている間、
お忙しいお父様お母様は別のことをされていても
良いのだと思います。脳ミソの3%位をお子様に向けつつ…

+プレジャーでは、脳ミソ100%分の手間をかけて、
「自分で出来た」体験を沢山していただきます。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 09:32| Comment(0) | 子どもへの想い