2016年05月15日

子どもの持つ潜在能力について

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャー です。
私立小学校の学校説明会の季節ですね。直接学校のお考えをお聞きしたり、
雰囲気を肌で感じる貴重な機会です。志望校が決まっている方もまだの方も、
気になる学校には是非とも足を運んでくださいね。
学校によっては、面接のときに、「何度学校に足を運ばれましたか?」
などと聞かれるかもしれません。

さて、今日は、お子様の持つ潜在能力についてお話したいと思います。

+プレジャーでは、「お子様は皆天才。可能性と成長したいとのパワーに
満ち溢れている」と考えていますし、日々それを実感しています。

その可能性を引き出すためには、無理なく「ちょっとだけ」負荷をかけて
あげることだと思います。

+プレジャーの必修授業は1回3時間30分の長丁場です。
じっくり体験する時間を設けたいこと、また、ペーパーだけでなく、
ディスカッションで人間教育(行動観察対策)をするためです。

とはいえ、きっと初回の生徒様にとっては、少し大変だろうと思っていました。
ところが、意外や意外、「まだ出来ますか?」と聞くと、「まだ出来るじゃなくて、
もっとしたい!」との元気なお返事が返ってきました。お帰りのときには、
「また、ここに来れる?やった〜!」とうれしいお言葉も残していかれました。

やっぱり、お子様の潜在能力には目を見張るものがあります。
今度は、教室の学習だけでなく、学習習慣を身に着けてもらうために、
少しずつ宿題も出していこうと企んでいます。
「成長したいパワー」に期待しています。勿論、こちらもモチベーションアップの
しかけもご用意しておきますので、ご安心ください。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 10:28| Comment(0) | 子どもへの想い