2016年07月17日

既に学習を開始されている方への夏期講習のご提案

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

今回は、前回に続き夏期講習のご案内です。
以前にもお話いたしましたが、当教室では、次の2種類の講習をご用意しております。

@「選べる夏期講習」
 お子様によって得意不得意分野が異なるので、
 「もう一度基礎に戻った方が良い単元」だけを
 確認するために開設しました。
 「数(年長さんは、数、地図、交換)」「図形」「言葉」「入試実践」から
  選択できます。
A「個別演習講座」
 +プレジャーが特にお勧めするコースです。
 各々のペース、課題に応じて個別に演習します。
 「日々の忙しさに忙殺されて、今日もあまり取り組めなかった・・・」
 「『何で出来ないの!』と叱ってしまい、自己嫌悪・・・」
 という方には、是非ご利用いただければと思います。
存じます。

他教室或いはご自宅で既に学習を開始されている場合
「腑に落ちていない」或いは「正答率が低い」単元が存在するかも
しれません。
そのような方には、@「選べる夏期講習」の「数、地図、交換」
「図形」「言葉」から必要な単元
をご選択いただければと存じます。

その上で、下記の個別演習等ご利用いただき
この時期にアウトプットの練習
沢山していただきたいと存じます。

@個別演習1 2016/7/22(金)・25(月)・26(火)・27(水) 
A個別演習2 2016/7/29(金)・8/1(月)・2(火)・3(水)  
B個別演習3 2016/8/5(金)・8(月)・9(火)・10(水)   
C個別演習4 2016/8/19(金)・22(月)・23(火)・24(水) 
D個別演習5 2016/8/26(金)・29(月)・30(火)・31(水) 
※いずれも10:00〜12:30 / 13:00〜15:30 / 15:30〜18:00
※お子様各々のカリキュラムで演習します。
※「選べる夏期講習」をご取得いただいた日については、
 まずは当日の学習内容の復習演習を行った後、
 当教室がご提案するカリキュラムで演習します。
※ご就業されている方は、「選べる夏期講習」に続き「個別演習」を
 ご取得いただくことで、お仕事を早退することなく、
 お迎えいただけるのではないかと存じます。また、往復の送迎も
 承っております。

更に、夏終盤には、実際の過去問にも挑戦いただきたいと思います。
入試実践(私立ペーパー) 
  2016/8/19(金)・22(月)・23(火)・24(水) 13:00〜15:30(150分)


「夏を制する者は受験を制す」とは良くいいますが、
漫然と講座を受講するのみでは残念ながらそれは期待できません。
「個別演習講座」で沢山練習いただき、実りの夏にしていただければ
幸いです。

お問合せをお待ち申し上げております。

送迎つき幼児教室 +プレジャー
電話:03-6312-1165
メール: info@plus-pleasure.co.jp


にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 11:59| Comment(0) | 教室ご紹介

筑波大学附属小学校ご志望の方へ

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

各地で夏祭りが行われ、いよいよ夏本番ですね。
スタッフは相変わらず職業病で受験生の皆様に有意義な夏を
お過ごしいただきたい気持ちで頭が一杯です!

というわけで、本日は当教室の夏期講習のご案内を
させていただきます。
以前にもお話いたしましたが、当教室では、次の2種類の
講習をご用意しております。
@「選べる夏期講習」
 お子様によって得意不得意分野が異なるので、
 「もう一度基礎に戻った方が良い単元」だけを
 確認するために開設しました。
 「数(年長さんは、数、地図、交換)」「図形」「言葉」「入試実践」から
  選択できます。
A「個別演習講座」
 +プレジャーが特にお勧めするコースです。
 各々のペース、課題に応じて個別に演習します。
 「日々の忙しさに忙殺されて、今日もあまり取り組めなかった・・・」
 「『何で出来ないの!』と叱ってしまい、自己嫌悪・・・」
 という方には、是非ご利用いただければと思います。

本日は、特にお問合せの多い、筑波大学附属小学校に挑戦される
お子様向けのお勧めの組み合わせをご紹介したいと思います。
<選べる夏期講習> 
図形  2016/7/29(金)・8/1(月)・2(火)・3(水)  13:00〜15:30(150分)
  ※筑波入試頻出の図形問題について、基礎から学習します。
入試実践(国立) 2016/8/26(金)・29(月)・30(火)・31(水) 13:00〜15:30(150分)
  ※過去問に挑戦、解説します。
<個別演習>
@個別演習1 2016/7/22(金)・25(月)・26(火)・27(水) 
A個別演習2 2016/7/29(金)・8/1(月)・2(火)・3(水)  
B個別演習3 2016/8/5(金)・8(月)・9(火)・10(水)   
C個別演習4 2016/8/19(金)・22(月)・23(火)・24(水) 
D個別演習5 2016/8/26(金)・29(月)・30(火)・31(水) 
※いずれも10:00〜12:30 / 13:00〜15:30 / 15:30〜18:00
※既に学習を開始されたお子様は各々のカリキュラムで、
 初めて学習されるお子様は、当教室がご提案するカリキュラムで
 演習します。
※「選べる夏期講習」をご取得いただいた日については、
 まずは当日の学習内容の復習演習を行った後、
 当教室がご提案するカリキュラムで演習します。
※ご就業されている方は、「選べる夏期講習」に続き「個別演習」を
 ご取得いただくことで、お仕事を早退することなく、
 お迎えいただけるのではないかと存じます。また、往復の送迎も
 承っております。

筑波大学附属小学校の受験者は、私立小学校に向け長期間学習されてきた方、
年長の秋或いは第一次抽選に通った後学習をされる方など多岐にわたります。
夏の頑張りで既に学習をスタートされている方との距離を縮めたり、
秋以降学習される方よりも沢山練習出来たりとメリットが沢山あります。

お問合せをお待ち申し上げております。

送迎つき幼児教室 +プレジャー
電話:03-6312-1165
メール: info@plus-pleasure.co.jp

次回は、すでに学習を開始されている方向けのご案内を
したいと存じます。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 
posted by +プレジャー at 11:28| Comment(0) | 教室ご紹介

2016年07月10日

図形〜脳が喜び、センスが培われる

おはようございます。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。
昨日は慶応義塾幼稚舎の学校説明会でしたね。
流石の教育方針にますます想いを強くされた方も多いのでは
ないでしょうか。

さて、ここのところ、年長さんには図形問題に挑戦してもらっています。

前回は、図形パズル。
直角三角形のパズルを使って学習開始。
はじめは、直角三角形2枚を使って、別の三角形を作ったり、正方形を
作ったり・・・
「か〜〜んたん♪」余裕の笑顔です。
でも、だんだん難しくなってきて、
さて、パズル8枚を使って大きな三角形が作れるかな?
みんな、ああでもない、こうでもない、とパズルを置いては崩し、
また置いては崩し・・・。
しばらくすると、
「あ、あ!よし!よし!・・・できた〜!!」
第一号さんが完成です。
その瞬間脳が喜んでいます。
勿論スタッフも大喜び。ハイタッチして喜びます。

すると、お隣の出来上がった図形が気になりだす別のお友達。
「お隣のは見ませんよ〜。自分で出来ないとつまらないでしょ!」
と指摘。
すぐに、自分の三角形と向き合います。
そして・・・みんなの脳が喜び、みんなが笑顔になりました。

スタッフは、あの数分で、皆さまの脳の回路が沢山つながったと
信じています。
そして、脳のどこかで、「あきらめないでやればできる!」と
インプットされていることを望んでいます。

その後はペーパーに取り組みます。
今度は大きな図形をいくつかに分けていきます。
これも、ホワイトボードに向かってやり方を教えるのではなく、
個々のペースでどんどん解いていってもらいました。
パズルしかり、分割しかり、この時期に養われたセンスは
小学校以降の図形センスに結びつくと考えます。
+プレジャーの卒業生が、エレガントに”補助線”を
引いて華麗に証明問題を解く姿を思い浮かべ、
一人微笑んでしまいます。

そして、もう一つ、
今回のペーパーを通じ図形センス以上に大切なことを
経験できたと思います。
それは、何度もトライした後に解けたという
達成感を味わうことです。
書いては消し、書いては消しと夢中で取り組んで、
いつの間にか、机の上は消しゴムのカスで一杯
(普段は消しゴムは使いません)。
そして、その結果、”できた!”という脳の喜びを
何回も経験しました。

諦めないで、何度もトライした経験は、
今後学習面でもメンタル面でも活かされていき、
少々大変なことを「課題」と受け取れるような立派な大人に
なってくれると考えます。
IMG_7720.JPG
これからも、意識してこうした経験を積んでいって
もらいたいと思っています。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 
posted by +プレジャー at 07:42| Comment(0) | 子どもへの想い