2016年07月18日

聞き取る力

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

海の日の今日、夏らしい一日でした。
関東地方の梅雨明け、まだしていないですよね・・・!?
スタッフの情報収集不足でしょうか!?

さて、今日は、”聞き取る力”についてのお話です。

ご承知のとおり、小学校受験の発問は口頭でなされます。
書いてあることを読んで答えるより、聞き取って答える方が
難しく、苦戦されているお子様も多いかと思います。

そこで、本日は、聞き取る力の伸ばし方の
ご提案をしたいと思います。

まず、ご家庭でお子様とお話をしたり、
指示を出されることがあると思います。
その際、「一度しか言いませんので良く聞いてください。」と
前置きして、わざと複数の指示を一度に与えてみてください。
「この洗濯物のうち、お父様の靴下は洋服ダンスの一番上の左の引き出しに、
お母様のスカートは、洋服ダンスの下から2番目の引き出しに、
バスタオルは脱衣所に持っていってね。」など。
もし、指示されたことのうち何かを忘れてしまうようであれば、
次回から、指示の内容を復唱してもらうと良いと思います。
そして、指示通りできたり、復唱できたりしたときには、
想いをこめたハグをお忘れなくお願いします♪

次に、保育園/幼稚園の先生から出された指示についても、
お子様の口からお母様に報告されるよう促してみてください。
お母様は、きっと園からのお便りやホワイトボードで必要な連絡事項は
ご承知かと思いますので、不足があれば、足して差し上げてください。

人のお話をきちんと聞いて、理解することは
小学校生活やその後の人生においても糧になりますので、
折角の「小学校受験」を利用して、是非やってみて
いただけると嬉しいです。

最後に、ペーパー対策になってしまいますが、上記で聞き取る力を養うと
ともに、各単元を「迷いなくスラスラできるレベル(こちらご参照)」に
レベルアップすることが肝要です。
問題を解くことに精一杯だと、指示を聞き取ることに集中できず、
ポロポロとミスが出てきてしまいます。
数の問題など、慣れてくれば問題を聞き取りながら、頭の中で
足し引きしだすかもしれません。
地図の問題も、聞き取りながら、右折、左折が瞬時に判断できれば
聞いたそばから忘れてしまっても対応可能です。

ご参考になれば幸いです。
また、聞き取る力のレベルアップについて、
他の方法にトライされている方がいらっしゃったら
コメント覧からアイディアお寄せいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 17:56| Comment(0) | ペーパー対策