2016年08月09日

リオオリンピックから考えること〜学習の頑張りも立派です。

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

朝起きましたら、リオオリンピックのメダル獲得の
ニュースが次々と。
なかでも、体操団体の金メダルを獲得は、
とても嬉しいニュースでした。
エース内村航平さんは、ロンドンで見た「オリンピックの魔物」
の正体について、4年かけて「自分自身が作り出したもの」と理解。
理解したつもりだったリオオリンピックの
予選で、鉄棒からまさかの落下。
それを乗り越えての団体金獲得でした。

また、アメリカメジャーリーグのイチロー選手が
メジャー3,000本安打を記録したとのニュースもありましたね。
イチロー選手は、「彼の行動で、現在時刻が分かる」と言われるほど
ストイックに毎日同じメニューをこなすそうです。

どちらも日本人として嬉しいですし、
そこに至るまでの過程、すさまじい
フィジカルおよびメンタル面のトレーニングを
積み重ねてきた結果だと考えると感慨もひとしおです。

ただ、スポーツのグッドニュースには、
いつも少しだけジェラシーを感じてしまいます。
スポーツの努力は賛美されるのに、学習の努力は、
「小さい頃から勉強ばかりして・・・」と
ネガティブにとらえられることが多いからです。

学習とスポーツ、何が違うのかな?と思います。
学習でも、スポーツでも、はたまた音楽でも、
一度決めたことを精いっぱいやることに
一番意義があるのではないかと考えます。
また、それが出来る人間は、大人になっても、
何をやっても成功するまでくらいついていけるのでは
ないかと思います。

+プレジャーが、学習をお勧めする
理由には、もう一つあるのですが、長くなってきて
しまったので、次回に回したいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 16:58| Comment(0) | 子どもへの想い