2016年06月15日

+プレジャーでのお約束〜人が悲しむことは言いません。

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャー です。

+プレジャーでは、学習を開始する前、必ず声に出してお約束を
言ってもらっています。
送迎のときのお約束や、お父様お母様がお迎えにいらしても勝手に外に
出ないといったお約束に加え、学習面でもお約束があります。
その中の一番大切なのが「人が悲しむことは言いません。」という
ものです。

この一言には、当教室の想いが詰まっています。
1点目は、「人の意見を一度受け入れ、その上で自分の意見を
言うという”建設的なコミュニケーション”が取れるお子様になって
ほしいとの想いです。

他人の意見を否定するだけでは、議論は平行線をたどるばかりです。
かといって、他人の意見に流されるばかりでは、自分の意見を
持たなくなってしまいます。
この先の小学校、中学校、高校生活を見据え、お友達と
建設的なコミュニケーションが取れるようになれば、
”この子といると楽しいな。”と感じていただけるのでは
ないでしょうか。
また、社会に出た時にも、”あ、この人となら一緒に仕事を
したいな”と思っていただけるのではないでしょうか。
そんなお子様、大人になってもらいたいと願っています。

2点目は、「自分の意見が受け入れられる経験をし、
自己肯定感を更に強めてほしい」という想いです。
折角自分の頭で考えて意見を言ったところで、
単に、自分の意見とは違うということだけで
お友達にその意見を否定されてしまうのは理不尽ですし、
発言をすることが嫌になってしまう恐れがあります。

生徒の皆様は、ちゃんとお約束を覚えていて、
折に触れて”お友達の悲しむことは言わないんだよね”と
確認してくれています。

そろそろ、”北風と太陽”を話題に、
”北風と太陽、どちらが強いと思いますか?”
などのディスカッションが出来るタイミングかなと
思っています。
”北風の方が強い!”というお友達、また、
それに対して建設的な意見を言うお友達が
出てくると面白いのですが・・・どうなりますでしょうか。
あっさり、全員が”太陽が強い”と言うかもしれませんが、
それはそれで、その理由を詰めていく形で楽しみたいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 15:15| Comment(0) | 子どもへの想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。