2016年09月25日

AIの進化と子どもたちの将来〜スタッフの私見

こんばんは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

前回は、
将来のAI関連事業の拡大を見越し、
どのような教育を施すべきかを考えたとき、
プログラミングその他コンピュータ関係の
学習をすることが必ずしも得策とはいえないと
書きました。

それでは、お子様の将来を見据えたとき、
どのような教育をしていくべきでしょうか。

あくまでスタッフの私見ですが、
まずは、やはりAIは使いこなしていく必要があると
思います。

その意味で、
*物事を抽象的に捉える能力
*スピーディに物事の大枠を捉える能力
*課題解決力(困難を挫折と考えず、前向きに課題、
 チャンスとして捉える力を含む)
は求められると思われます。

また、今日の携帯電話関連産業などのように
新規産業は創出されることが予想されるため、
*ポジティブにものごとを捉え、新たなニーズを
 発見する力
も武器になると思います。

更に、やはり、いくらコンピュータなどの
技術が発展しても、チームで仕事をしたり、
お客様と対峙する必要は生じることから
*周囲と協力、建設的な議論する力
は引き続き必要になると考えます。

将来的に上記の能力を付けるためには、
幼児期の今は、「自分自身で上記のような能力を
身につけていくことができる足場」を築いて
あげることが重要だと思います。

その足場・・・
キーワードはやはり、

*自己肯定感
*セルフコントロール
*コミュニケーション能力

だと思います。

+プレジャーの卒業生には、
これらを身につけてもらい、どんな
世の中でも幸せに生きて行ってもらいたいと
切に願っていますし、その覚悟で取り組んで
参りたいと存じます。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 23:51| Comment(0) | 子どもへの想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。