2018年04月08日

入学式に寄せて

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

先週末から今週初めにかけて、沢山の小学校の入学式がありますね。
可愛い制服、お洋服に真新しいランドセル、見ていて本当に微笑ましい光景に沢山出会いました。

今日は、そのような節目に、ご両親様にご提案。
プラスプレジャーの卒業生にも必ず申し上げていることです。

まず、お父様お母様には、
お子様が、天文学的な相手との競争に勝ち抜いてお父様お母様の元に生まれてきた素晴らしい存在である。今、ここに生きているということがいかに「すごい」か、
そして、お腹に赤ちゃんを授かったとき、また生まれてきたときに、どれほど嬉しかったか、また、何があっても守り通すと決意したことをご家庭ご家庭の肉付けをしつつお話いただきたいと思います。

その上で、少なくとも2つのことをお子様とお約束いただきたいと思います。
1つ目は、「お父様お母様もとっても大切に思っている。だから、お子様も、お父様お母様が悲しく思うことをしないでほしい。」ということ。
小学校に入ると、お子様の行動が徐々にブラックボックスの中に入ります。
少しずつ自立に向けて歩みだすということなので、喜ばしいことです。
ですが、まだまだ善悪の区別を瞬時に出来るとも限りません。つい、大勢に流されてしまいそうになることもあるかもしれません(蛇足ですが、ニュースなどでも、大人でさえ、疑問符をつけたくなるような判断をされているケースを見受けます。児童ならなおのことです)。
だから、何かことを起こすときに、「あれ?これって、お父さんお母さんが喜ぶことかな?悲しむことかな?」と自問自答できるようにあらかじめお話しておくのです。

2つ目は、「本当に困ったときには、必ずお父様お母様に相談すること。」です。
悲しいですが、成長過程において、つい意地悪したくなってしまうお子様が一定程度いらっしゃいます。
「ある程度」は、社会勉強にもなり得ますので、軽く笑い飛ばして「他山の石」として良いと思います。ただ、そこをすべてお子様一人で対応するのは難しいです。注意したいのは、お子様のお話に逆上して、「子どもの喧嘩に大人が土足で入り込む」こと。今冷静にブログをお読みになっているお父様お母様であれば、その行為がお子様をよりタフな環境に追いやることはお分かりになると思います。ご相談を受けたときには、大切なお子様に色々とアドバイスしながら、応援することをお薦めしたいと思います。その際に、いかに大切な存在であるかを改めてお伝えいただくとともに、「本当に辛かった」ときには、「次の手(ご家庭のご判断で様々かと思います)」を打つから安心するようお伝えください。自信を取り戻したお子様を見て、意地悪していたお子様も、ばかばかしくなっていく可能性があります。そうではない場合、お子様と相談しながら、冷静に「次の手」を打つ必要があります。お子様を守り抜くためには、「モンスターペアレント」と勘違いされても致し方ありません。せっかく入学した希望の小学校かもしれませんが、お子様の命を守るために、転校することも一案です。

せっかくのおめでたいご入学の際に、重い話をしてしまい申し訳ありません。
良い機会なので、お話さえていただきました。
愛されている自信があり、セーフティネットの存在を実感しているお子様は、伸び伸びと、でも、「一線は越えない」生活を送ってくれると考えます。
楽しく充実した小学校生活を送られるようお祈りしています。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 15:51| Comment(0) | 子どもへの想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。