2018年03月22日

運筆風景〜お子様の発想力に魅せられています

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

小学校受験では、必ずしも必要とされないひらがな。
当教室では、年中コースを修了する前に、きちんと読めて、「一通り」書けるようになることを目標にしています。
理由はいろいろありますが、一つには、「ひらがなが読めるようになると世界が広がるから」、二つ目に、「自学を行うにあたり、ひらがなを読めることが必須だから」です。

ひらがなを一通り書けるようになるために、年少、年中クラスでは、毎回「運筆」の時間を
設けています。
ですが、ひらがなに触れるまでには、ある程度の筆圧とか、なめらかな運筆とか、色々なハードルがあります。

そこで、運筆の時間には、迷路に取り組んだり(こちら)、数の点つなぎをしたり、図形のてんつなぎをしたり、図形を書いたり、シールを貼ったり・・とお子様の状態に合わせて色々と取り組みます。

今日は、そんな運筆の中のひとこま。
シールは上手に貼れるけれど、まだ線を引くには抵抗がある・・・そんなお子様には、「色塗り、ハサミ切り、糊貼り」をパッケージにして取り組んでいただいています。
毎回やっていると、色塗り、ハサミ切り、糊貼りの技術もどんどん向上。
色塗り一つとっても、はじめは、絵の中身は濡れていない部分が多く、絵の外側には、いろいろな色が大幅にはみ出し・・・だったのですが、回を重ねることに、とても綺麗に塗れるようになり、更には、中身を色々な色に塗り分けたり、色を混ぜてみたり・・・とオリジナリティも出てきます。

そして、最近の「はやり」は、紙の余白で、「何か」を作ること。
余白を細かく切って、水槽の中の「空気」を表現したり、シンゴジラの横に、立体の「クレーン車」を配置したり・・・。
聞けば、大好きなお爺様、お婆様と一緒に見たシンゴジラの一場面を再現したものだったそうです。
とても素敵なエピソードに、スタッフの心もほっこりほんわりいたしました。

改めて、お子様の可能性、発想力は無限大∞
今度は、どんなオリジナルが飛び出すか♪
とっても楽しみにしています。
シンゴジラ.jpg
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 14:51| Comment(0) | 教室ご紹介

2018年02月22日

工作風景〜ひな人形

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

ついこの間年が明けたと思ったら、もう2か月が経過しようとしています。
来週末は桃の節句ですね。
スタッフが幼いとき、誕生日、クリスマスに次ぐ大好きな日でした。
ひな人形を眺めては、自分の結婚式を妄想したり(笑)、
何度も何度も「うれしいひなまつり」を歌ったり、
お寿司で作ったお内裏様とお雛様をいただいたり・・・

生徒の皆さまにとっても、思い出深いひなまつりになりますように!
そんな想いで、ひなまつりの工作をしました。

立体物へののりの張り方、モールの取り扱い方、お花の作り方、
線対称の図形の切り方、沢山のことを学びました。
写真は両方とも女の子の作品♡
可愛らしい色合いの暖かい作品となり、思わず激写してしまいました。

楽しいひなまつりをお迎えください♪

180222ひな人形.jpg

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 08:21| Comment(0) | 教室ご紹介

2018年01月19日

休み時間の一幕

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

先般、授業開始までのお預かりについてご紹介し、(こちら)休み時間のエピソードも思い出しました。

+プレジャーの授業は長時間です(年少、年中:2時間30分、年長:3時間30分)。
そのため、毎回1〜2回、5〜10分程度のお休み時間を取っています。
お手洗いを済ませたり、水分補給をしたりしますが、この短い時間の中で結構本格的に遊ぶ姿が見られます。

新年少、新年中さんのブームは、おままごと、電車ごっこ、工作、タングラムです。
冬休みを挟んだ年始最初の授業時に、年末と変わらないおままごとのセリフが聞こえてきて、
スタッフ一同癒されました。
新年長さんは、迷路、ホワイトボードへのお絵かき、オセロが流行っています。
過去には、毎回のように神経衰弱をしていたこともありました。

スタッフはと言うと、遠目で様子を見ながらところどころ仲間に入れていただき、「このクッキーには紅茶が合いそうだから、紅茶もいただけますか?」とか、「タングラム、大きいパーツから入れてみたら?」とかところどころ、ちょっとした気づきになるかもしれない言葉がけをしています。
毎回のようにオセロをやっていると、どんどん強くなります。
最初のうちは、「黒に挟まれているから、これも黒になるね。」、「端を取ると、ひっくり返らないよ。」、「端から2列目を取ると、端を取られてしまうね。」とお声がけしていましたが、もうすぐ1年生になる現年長さんのあるお友達には、「後でも出来ることは、今やらないで、今やらないといけないことをした方がいいね。」とお声がけのレベルも上がっていきました。
小学校に入って、囲碁、将棋などに取り組まれてもいいのでは?とお母様にもご提案しようかと考えています。

改めて、子どもは生活の中から沢山のことを学んでいると実感です。
大人は、入りすぎず、でも放置もしないで、ところどころ、子どもの視野を広げるようなお声がけをしていきたいと思います。
ご家庭でも、ちょっと意識されてみていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 08:52| Comment(0) | 教室ご紹介