2019年08月11日

小学1年生:プラスプレジャーに通っていて良かった〜♡

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

夏期講習も概ね落ち着きつかぬ間の夏休み、少しほっとしているスタッフです。

本日は、そんな夏期講習中に小学1年生からつぶやかれた一言を。
「私、プレジャー通ってて良かった〜!だって、学校のお勉強が簡単に思えるもん。」

思えば、数年前。
この生徒様のお母様がチラシを配る私に声をかけてくださったのが始まりでした。
「小学校に入って苦労させないように準備させたいんです。
必ずしも小学校受験するとは限らないですが、入会できますか?」と。

年長児は、小学校受験をするお友達と一緒に、難しい線対称や回転図形も頑張り、考え抜く力をつけました。
宿題もたくさん頑張り、家庭学習の習慣ができました。
パズル道場でも「48+15」を筆算を使わずに計算し、”量感”が養われてきました。

今では、夏期講習のテキストを2日で数十ページ自主的に家庭学習してきてしまうほどの実力をつけてくれました。
パズル道場も、毎月1〜2級進級してくれます。

きっとこれからも、順調に進むときもあれば、
ぐっと歯を食いしばって乗り越える局面もあると思います。
でも、あなたなら大丈夫。心の底からそう思います。
そして、スタッフは応援団長として伴走したいと思いますぴかぴか(新しい)

見事乗り越えたタイル計算.png
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 07:27| Comment(0) | 子どもへの想い

2018年09月30日

分からない〜!の後、どうする?

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

突然ですが、幼児教育の肝ってなんでしょうか。
スタッフは、お子様の「考え方の癖」を導くことと考えています。
「お友達やお父様お母様が喜んでくれると嬉しいな。」
「頑張ってうまくいったら嬉しいな。」
「お友達はとてもうまくできて凄いな〜。」
「自分なりに精一杯やったから、大丈夫。」
「分からない〜。この問題、面白いじゃん!」
こういった調子です。

私は、教室で声色を変えて叱ることはあまりしません。
ましてや、怒ることは皆無と言っていいと思います。
子どもの存在自体が愛おしく、声色を変えられないのです・・・

ですが、「お友達が悲しむことはしない、言わない。」と
予め約束しています。
少しでもそのような言葉が出てきた場合には、
「お約束だよ。」と言うと、すぐにやめてくれます。

そして、この度、もう一つお約束を増やすことにしました。
それは、「分からない。」の後に、
「もう、やらない。」「もう、嫌だ。」と言わない
お約束です。
最終的には、「分からない〜。この問題、面白いじゃん!」と
なってもらいたいですが、とりあえずは、「分からないのでもう一度教えてください。」
にしてもらいます。

正直言って、幼児教育の内容の理解に少しくらい穴があっても、
その後の人生に大きくかかわることはありません(あくまで、「小さな穴」の場合です)。
でも、「分からないからやらない。」の考え方の癖をつけることは
大変にまずいです。

当教室では、これを打破するための方法として、
隠し玉を用意しました。
・・・隠し玉といっても、なかなか手が回らなくてご紹介できていないだけなので、
近々お知らせいたします。

ご家庭でも、あの手この手で励まして、
乗り切る喜びを沢山体験させてあげてください
(注:現時点の能力とかけ離れている教材はNGです)。
苦労なく手に入る能力なんて、皆無ですので・・・。

新年長さん(現年中さん)の体験レッスンのお知らせです。
〜秋の体験授業(無料)のお知らせ〜
対象:新年長児(2013.04.02-2014.04.01生まれ)とその保護者様
日時:
 第1回:9月23日(日)  15:00〜16:00(終了)
 第2回:10月14日(日) 16:00〜17:00
持ち物:上履き、クーピーペンシル
申し込み先:info@plus-pleasure.co.jp

※なお、現年少児以下のご体験は、通常授業(火曜日)に承ります。
※日程の合わない方(全学年)につきましては、ご相談くださいませ。個別に承ります。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 14:50| Comment(0) | 子どもへの想い

2018年07月28日

怪我の功名

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

いよいよ夏期講習期間に突入。物理的にも精神的にも暑い夏、真正面から受け止めて完全燃焼したいと思います。

さて、ある日夏期講習の準備をしていると、お母さまからメッセージ。
「本日から夏期講習の予定でしたが、昨晩利き腕を骨折してしまいました。利き腕なので、ギブスが取れるまでは欠席するしかないかと思っています。」と。
まぁ!大変。
スタッフからは、
「それは大変でしたね!折角ついた学習習慣を維持するために、レギュラーコースのご受講は続けられたらどうでしょうか。受験をされないとお決めになったところですので、夏期講習はキャンセルでいいと思います。」と返信。
すると、
「今日、○○が自分から、火曜日の+プレジャーは行く!と言ってきました。大丈夫なの?と聞くと、運筆は鉛筆が持てないから出来ないけど、工作は左手でできる!と言ってきました。火曜の通常授業は引き続き出席でお願い出来たらと思います。」
と。
涙で文字が滲みました。
1年前は、大分甘えん坊さんだったのに、今ではすっかり別人。
いつの間にか、根性娘になりました(笑)
そして、自分の状態を冷静に分析しています。
スタッフは、これぞ「生きる力」なのではないかと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 13:07| Comment(0) | 子どもへの想い