2018年02月01日

10000時間の法則

こんにちは。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

突然ですが、最近の新年中さん、新年長さんの様子に目を細めているスタッフ一同です。
昨年度の夏には、「やりたくない。わからない。」と言っていた運筆をサラサラと得意気に進めたり、授業中立ち歩いてしまい、スタッフがあの手この手で机に戻していたお子様が、休み時間終了の合図で、おもちゃをさっと置いて座ったり・・・
はさみを使うことを厭い、工作中、ずっと、「やって〜。」「自分でやってみて。」を繰り返していたお子様が、工作の工程を聞くや否や余裕の表情で綺麗にはさみ切りをしたり・・・
挙げるときりがありません。

上記どのお子様も、「最近少し調子が悪いです。お教室がつまらない、と感じていらっしゃるかもしれません。」とご報告したことのあるお子様です。
その時に、長い目で見てくださったお父様お母様、頑張って乗り切ってくれたお子様に感謝感謝です。

当教室では、できるだけ楽しく学習してもらえるよう工夫はしますが、エンターテインメント性を排除する時間も多いです。
「出来なかったことが出来るようになった。」
「わからなかったことがわかるようになった。」
「思いつかなかったアイディアを思いつくようになった。」
「恥ずかしかった発表。今では、聞いてもらえて嬉しいと感じている。」
このような感情を、出来るだけシンプルな形で感じてもらいたいからです。

「10000時間の法則」という言葉を聞かれたことのある方も多いかと存じます。
「どの分野においても、その道に精通している人は、10000時間、同じことを繰り返していた。」
マルコム・グラッドウェルさんというベストセラー作家がその著作の中で紹介している「法則」です。
10000時間というと、1日3時間かけても10年かかる計算です。
気が遠くなってしまいますね。
10000時間とまではいかなくとも、その分野を楽しめるようになるためには、一定程度の時間が必要になるというのもまた事実かと思います。
私の娘も、ピアノを習い始めて5年経ちました。近頃やっと「楽しい」と思える時があるようです(思えないときもしばしば・・・)。正直辞めたいと私が思ったこともありました。その時辞めないで良かったと親子で乗り越えた喜びを味わっています。
これから各分野で沢山の「壁」と出会うことになるでしょう。
その時に、「頑張ったら出来るようになったね。出来るようになったら楽しくなったね。」ということを思い出してもらおうと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 08:54| Comment(0) | 子どもへの想い

2017年02月17日

ワーキングマザーのお悩み:子どもと過ごせる時間が少ない

おはようございます。
送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

本日は、ワーキングマザーであれば一度は口にしたことのあるお悩み、
「子どもと過ごせる時間が少ない」ことについてです。
スタッフも、日々そのようなお悩みをお母様からお聞きします。
そして、ワーキングマザーであるスタッフ自身、時折
頭をもたげてくる悩みでもあります。

そんな時、必ず、
「働いていることを子どもに申し訳ないと思わないでください。
『自分はかわいそうな子だ』と誤解してしまうからです。」
と申し上げています。
「かわいそうな子」と誤解してしまったお子様の方が
「かわいそうだ」とスタッフは思います。
だって、ここぞという踏ん張りどころで、
「どうせ僕/私はかわいそうな子、お母さんが働いている
ハンデを追って、勝てる訳がない」
とか、
自分がちょっと面倒だなと考えたときに、
「お母さんが働いているから、一緒にやってくれないから、
僕/私は出来ないんだよ」
とか
格好の言い訳を思いついてしまうから。

だから、ワーキングマザーの皆さま、
どうか自信をもって「仕事も育児もしているお母さん、
素敵でしょ!」と胸をはりましょう。

そして、心の中で、「この環境がこの子をより強くする。
立派な大人に向けて自立していっている」とつぶやきましょう。

但し、
家で仕事や忙しさのイライラを子どもにぶつけないこと、
本当にちょっとの時間でも良いので、子どもと会話すること、
はやっていきましょう。
スタッフも頑張ります!

社会の荒波にもまれているお母様のお言葉、
きっとお子様の胸に響いていると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 08:43| Comment(0) | 子どもへの想い

2016年11月11日

いよいよ・・決戦の第一次選考

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

いよいよ本日を迎えました。
そう、筑波大学附属小学校の第一次選考(抽選)の日です。
ここに入学したくて、ずっと頑張ってきたお友達が
無事に試験を受けられるかどうか決まります。

最初は、同じ座標軸に同じ記号を書くことさえ難しかった
お友達、今は、線対称だろうが回転だろうが間違えないのです!
こうしてブログを書いていても、その頑張りが思い出され
目頭が熱くなります。

+プレジャーは、”受験のその先を見据える”ことに
こだわっています。
・・・ですが、志望校に向けて日々努力をしてきた成果を
見せる機会をいただけることを切に切に願っています。

吉報を心からお待ちしています!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 09:47| Comment(0) | 子どもへの想い