2016年08月10日

+プレジャーが幼児期の学習をお勧めする理由

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

昨日のブログにて、
「学習でも、スポーツでも、はたまた音楽でも、
一度決めたことを精いっぱいやることに
一番意義があるのではないかと考えます。
また、それが出来る人間は、大人になっても、
何をやっても成功するまでくらいついていける」
と考えるとお伝えしました。

+プレジャーが幼児教育をお勧めするのには
色々と理由があるのですが、本日はもう一つだけ
お伝えできればと思います。

それは、「幼児の皆様は皆学習が大好き」
だからです。
そして、親の関与はデクレッシェンド、
つまり幼児期がマックスで、だんだん小さくしていき
成人になるころには、すっかり自立しているというのが
理想だと考えるからです。

「幼児期に学習させるなんてかわいそう」と
おっしゃるお父様お母様であっても、
我が子が小学生になると、成績を気にしだします。
中学年、高学年になると、尚更です。
そして、「勉強しなさい!!」と叱咤(たまに激励)
されることになります。

+プレジャーは、(少なくとも理想論としては)
逆ではないかな、と考えます。
つまり、「学習が大好き」と思っている幼児期に
本当に役立つ学習をし、学習習慣もある程度つけてしまう。
その上で小学校に入学すると、そのお子様は、
「あ、私勉強得意だ。」と気づくことになるでしょう。
そうなれば、あとは自動的に学習するようになると
思うのです。
現実は、そうなると、「より難関中学に。。」なんて欲が
出てきてしまい(あくまで”お子様の”より良い環境のため)、
よりハードな学習に移行してしまうご家庭が
多いのですが、そこは、幼児期に培った「課題を乗り越える力」と
柔軟な思考力をフル回転させて頑張れることでしょう。

逆に、幼児期から、「難関中学に・・・」と考えていらっしゃる
ご家庭は、学習習慣のない小3〜4に、いきなり中学受験用の塾に入れ、
「今日からこの宿題を全部やるのですよ」と宣言するのではなく、
幼児期から柔軟な思考力を養ったり、学習習慣をつけたり、という
地ならしをしておくことをお勧めしたいと思います。
同じことは、「うちは中学受験はしないから」と考える高校受験組の
ご家庭にも言えると思います。

小学校受験も中学受験も、受験以外の何事も、お子様が心身を壊してしまうような
やり方は、メリットよりもデメリットの方がうんと大きく
やめておいた方がいいと思います。

ですが、無理なく常に「ちょっとだけ負荷をかける」ことは
継続的に行った方が良いのではないかなと思います。

そして、親の関与はお子様が小さいときにこそ
沢山行い、思春期を迎えたお子様は、自分で自分のことを
考えて行動できるようになっているのが理想だと
考えています。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 14:52| Comment(0) | 子どもへの想い

2016年08月09日

リオオリンピックから考えること〜学習の頑張りも立派です。

こんにちは。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。

朝起きましたら、リオオリンピックのメダル獲得の
ニュースが次々と。
なかでも、体操団体の金メダルを獲得は、
とても嬉しいニュースでした。
エース内村航平さんは、ロンドンで見た「オリンピックの魔物」
の正体について、4年かけて「自分自身が作り出したもの」と理解。
理解したつもりだったリオオリンピックの
予選で、鉄棒からまさかの落下。
それを乗り越えての団体金獲得でした。

また、アメリカメジャーリーグのイチロー選手が
メジャー3,000本安打を記録したとのニュースもありましたね。
イチロー選手は、「彼の行動で、現在時刻が分かる」と言われるほど
ストイックに毎日同じメニューをこなすそうです。

どちらも日本人として嬉しいですし、
そこに至るまでの過程、すさまじい
フィジカルおよびメンタル面のトレーニングを
積み重ねてきた結果だと考えると感慨もひとしおです。

ただ、スポーツのグッドニュースには、
いつも少しだけジェラシーを感じてしまいます。
スポーツの努力は賛美されるのに、学習の努力は、
「小さい頃から勉強ばかりして・・・」と
ネガティブにとらえられることが多いからです。

学習とスポーツ、何が違うのかな?と思います。
学習でも、スポーツでも、はたまた音楽でも、
一度決めたことを精いっぱいやることに
一番意義があるのではないかと考えます。
また、それが出来る人間は、大人になっても、
何をやっても成功するまでくらいついていけるのでは
ないかと思います。

+プレジャーが、学習をお勧めする
理由には、もう一つあるのですが、長くなってきて
しまったので、次回に回したいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
posted by +プレジャー at 16:58| Comment(0) | 子どもへの想い

2016年07月10日

図形〜脳が喜び、センスが培われる

おはようございます。送迎つき幼児教室 +プレジャーです。
昨日は慶応義塾幼稚舎の学校説明会でしたね。
流石の教育方針にますます想いを強くされた方も多いのでは
ないでしょうか。

さて、ここのところ、年長さんには図形問題に挑戦してもらっています。

前回は、図形パズル。
直角三角形のパズルを使って学習開始。
はじめは、直角三角形2枚を使って、別の三角形を作ったり、正方形を
作ったり・・・
「か〜〜んたん♪」余裕の笑顔です。
でも、だんだん難しくなってきて、
さて、パズル8枚を使って大きな三角形が作れるかな?
みんな、ああでもない、こうでもない、とパズルを置いては崩し、
また置いては崩し・・・。
しばらくすると、
「あ、あ!よし!よし!・・・できた〜!!」
第一号さんが完成です。
その瞬間脳が喜んでいます。
勿論スタッフも大喜び。ハイタッチして喜びます。

すると、お隣の出来上がった図形が気になりだす別のお友達。
「お隣のは見ませんよ〜。自分で出来ないとつまらないでしょ!」
と指摘。
すぐに、自分の三角形と向き合います。
そして・・・みんなの脳が喜び、みんなが笑顔になりました。

スタッフは、あの数分で、皆さまの脳の回路が沢山つながったと
信じています。
そして、脳のどこかで、「あきらめないでやればできる!」と
インプットされていることを望んでいます。

その後はペーパーに取り組みます。
今度は大きな図形をいくつかに分けていきます。
これも、ホワイトボードに向かってやり方を教えるのではなく、
個々のペースでどんどん解いていってもらいました。
パズルしかり、分割しかり、この時期に養われたセンスは
小学校以降の図形センスに結びつくと考えます。
+プレジャーの卒業生が、エレガントに”補助線”を
引いて華麗に証明問題を解く姿を思い浮かべ、
一人微笑んでしまいます。

そして、もう一つ、
今回のペーパーを通じ図形センス以上に大切なことを
経験できたと思います。
それは、何度もトライした後に解けたという
達成感を味わうことです。
書いては消し、書いては消しと夢中で取り組んで、
いつの間にか、机の上は消しゴムのカスで一杯
(普段は消しゴムは使いません)。
そして、その結果、”できた!”という脳の喜びを
何回も経験しました。

諦めないで、何度もトライした経験は、
今後学習面でもメンタル面でも活かされていき、
少々大変なことを「課題」と受け取れるような立派な大人に
なってくれると考えます。
IMG_7720.JPG
これからも、意識してこうした経験を積んでいって
もらいたいと思っています。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 
posted by +プレジャー at 07:42| Comment(0) | 子どもへの想い